Welcome to my blog

    Eagle T1G 1/20 MFH【Fin】

    AAR T1G 製作 Fin

    2 0

    AAR EAGLE T1G

    1967 Formula One Championship - #8

    Daniel "Dan" Sexton Gurney / USA New York

    20181011191812cc9.jpeg


    20181011191832902.jpeg


    201810111918559e3.jpeg


    201810111919141f7.jpeg


    2018101119193303e.jpeg


    20181011191954dad.jpeg


    2018101119201300c.jpeg


    20181011192037ae3.jpeg


    20181011192101ed7.jpeg


    20181011192126b57.jpeg



    Teams
    Anglo American Racers


    Constructors
    All American Racers


    Technical Specification

    Chassis
    Aluminium/Titanium-magnesium monocoque
    Hewland longitudinal geabox
    Nnmber of gears : 5

    Engine
    Type : Gurney-Weslake 58
    Number of cylinders : 12
    Cylinder bloce send : V90°
    Total displacement : 2,997m3


    MFHさんのフルディテールキットです。価格はお高めの商品ですが、ホワイトメタルパーツも精密に再現されており少しの調整で誰でも組立ることが出来ると思います。

    ほとんどのパーツがメタルパーツなので重量もあり、スミ入れや汚し表現で簡単に重厚感が出せるかと…
    価格だけ比べると他社よりお値段は張りますが、組立易さと精密度を考えると決して高い商品では無いと思います。

    まだ私が生まれる前のF1、葉巻型と呼ばれるマシンはフェラーリやロータス、ホンダとメルセデスしかイメージがありませんでしたが、ある雑誌で見た瞬間に『カッコいい』と思いました。
    しかしプラモデルでは発売されておらず、諦めかけていた時知人からMFHさんから発売される事を聞きガレージキットなんか作った事など無いのに予約しました。

    あれからかなりの月日が経ちガレキの経験も積みやっと完成させる事が出来ました。
    前から考えていたカウルをリベットで留めていた時代のマシンはリベット部は凸ですが、模型では凹表現にするのが普通なのがずっと違和感を感じ今回リベット部凸をインセクトピンで1,700本弱打ちました。
    見栄えは実車に近付きましたが、手間と費用対効果を考えると二度とやらないでしょうw

    絶版キットで入手は難しいとは思いますが、決して損はしないキットだと思います。作っていてワクワク出来るキットでした。


    本日はココマデ |*´∀`)ノシ))< マタネェ-!!


    (○>Д<)ノ応援宜しくお願いしますヾ(o´▽`o)ノ))

    Please continue your support.
    If you want to support, click three banners.

    にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
    スポンサーサイト

    2 Comments

    There are no comments yet.
    To いぬふりゃ☆さん

    梵  

    2018-10-12 21:24

    こんばんは。

    私も生まれる前のマシンですから詳しい事は全く分かりませんが、雑誌で一目惚れしました。
    MFHさんのフルディテールキットは細部まで精密に再現されているので、製作していると当時のメカニックになったような気持ちになりました。

    お褒めのお言葉を頂きありがとうございます^ ^
    でも、そんなに褒めても何も出ませんよぉw

    これからも拙い製作記ですがよろしくお願いします。

    EDIT  REPLY    

    いぬふりゃ☆  

    2018-10-12 21:13

    こんばんは。

    完成ですね!素晴らしい作品を拝見させて頂いて嬉しいです!(≧∇≦)
    全体の質感から各パーツの繊細さ、塗装の美しさ…もう芸術と言って良いと感じます。
    自分は残念ながらこの年代のマシンをリアルタイムで知らないのですけど、
    それでもこの作品が醸し出す雰囲気で当時のモータースポーツシーンを感じられそうです。
    素敵な作品を見せて下さって有難うございます。

    EDIT  REPLY    

    Leave a reply