Welcome to my blog

Handicapped Modeler

身体障害を抱えるF1モデラーの製作記

製作資料 #02

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?今日もコジマKE007製作資料本を紹介三栄書房さんが平成18年に発行された『日本の名レース100戦 Vol.001』'76F1イン・ジャパンです。当時参戦したマシンの貴重な画像と読み応えのある記事によって素晴らしい雑誌ではありますが、肝心のKE007に関する画像が数枚しかありません。決勝でリアウイングステー前にラジエターが移設されていたのは確認できますが、マウント方...

フェラーリ F93A 製作 #12

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?いつもタイヤのパーティングラインは画像のツールを使い切削洗浄→乾燥後、イリサワさんのVカラーとMFHさんのテンプレートでタイヤロゴをハンドピースで吹き付けあれッ? 吹き付けの出来はともかくロゴ位置が??タイヤの直径が小さいようです。ここまで全く気づかなかった…ナロータイヤの予備も無いのでデカールを使います。カウルへ貼り付けるのにあれだけ苦労したのにゴムに貼れるのかな...

フェラーリ F93A 製作 #11

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?ウレタンが硬化したので中研ぎを…トレカットのピンクとスポンジ研磨材のマイクロファインを使用デカールの段差も消えて均一な面になりました。下地を出してしまったのでタッチアップフロントウイングステーは無塗装なので、バルケッタさんのカーボンブラックをマスキングして吹き付け仕上げのウレタンクリヤーを吹き硬化後、トレカットピンク→スポンジ研磨材マイクロファイン→メラミンスポンジ→...

製作資料 #01

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?今回製作記ではなく、ずっと探していた製作資料の雑誌が届いたのでご紹介左がCAR MAGAZINE 2008年11月号定価1,100円がオクで480円で落札右はF1 MODELING 2008年7月発行定価1,500円が密林でなんと254円で購入共に古本なので多少ヨレっとしていますが美品と言って良い程保存状態が良いです。特にF1 MODELINGはF1初の日本開催を特集し...

フェラーリ F93A 製作 #10

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?私のスケドーニ製シート表現方法は…ハーネスを通す穴をピンバイスで開口、プラサフで表面を均した後、との粉とクレオスさんのサンディブラウンで塗装ガイアノーツさんのうすめ液で4倍稀釈してタミヤさんの調色スティックでとの粉を5杯混合、0.5mmのハンドピースを使い0.1MPAでふわっと吹いています。MFHさん他数社から貼り付けるシートが販売されていますが、私にはどうしてもオー...

フェラーリ F93A 製作 #09

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?パネルラインにスミ入れカウルが赤なのでタミヤさんのブラウンを使用しっかり乾燥させて…はみ出しや軟化剤の跡はいつものアルコールタオルで拭き取り1回目のウレタンクリヤーを吹き付け硬化待ち本日はココマデ |*´∀`)ノシ))< マタネェ-!!(○>Д...

フェラーリ F93A 製作 #08

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?FBのお友達からヒントを得たのでテールランプを型取くんにて作成型を取ったら気泡が入らないようにクリアレジンでカバー部を複製元のホワイトメタルパーツのカバー部を糸ノコで切取り整形→セミグロスブラックを吹き付け複製したカバーはマルチプライマー→クリアーレッド吹き付け乾燥後、カバー裏面にミラーフィニッシュを貼り付けエポキシ接着剤でホワイトメタルパーツに接着して完成今まで塗...

フェラーリ F93A 製作 #07

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?デカール貼り終えました。フロントメインウイングのカーボンだけスタジオ27さんのデカールを使用ホイールも完了全く馴染まないビニールのようなデカールに悪戦苦闘ノーズ部の緩やかな曲面にも軟着剤と軟化剤を使用してやっと貼り付け終わりました。パネルラインへの折込はドライヤーと蒸し綿棒も併用乾燥器に入れてしっかりと乾燥させます。本日はココマデ |*´∀`)ノシ))< マタネェ-!!(○>Д...

フェラーリ F93A 製作 #06

?キョウハナニ エッ(゚Д゚≡゚Д゚)エッ!ナニツクルノ?やってしまいました…カウルのパネルラインが酷い事に反対側も…塗料はもちろん、サフも溶けてレジン肌が見えています。なぜこうなったのか?白帯デカール貼り付け後、オートクリア→マスキング→シルクレッドを吹き付け終わりハンドピースの洗浄を始めたら、ツールクリーナーのボトルを倒してしまいカウルへ…拭き取れる所はすぐに拭き取り乾燥→プラサフ→ファンデーションホワイト→シルクレッドを吹...